電気・ガス・水道・固定電話の処置は?

電気・ガス・水道の場合

旧住居における使用停止命令・新住居での使用命令は各担当会社に連絡をしておきます。
連絡先は毎月の明細書に記載されているのでそちらでご確認ください。

電気は各電力会社に電話、またはインターネットで申し込み、担当の方の指示に従って進めてください。

ガスについても同様です。
ガスの場合、使用開始時にはガス会社の立ち会いの下、点火試験を行います。
本人か家族が立ち会うことのできる日を決めておきましょう。
水道に関しても電気・ガスと同様の動作で構いません。

引越し者の多い時期は特に回線が混み合いますので、
電気・ガス・水道共に引越しの1週間前までには手続きを済ませておきましょうね。
精算方法については今までの口座から引き起こすことも振り込みにすることもできます。

固定電話の場合

固定電話については「銀行」、「クレジットカード」などの金融機関の申し込み時に必要となる場合があります。
必ず、行う事をオススメします。
電話の移転手続きは、NTTの局番なしの「116番」(土・日・祝もOK)にお願いします。
工事にあたっての住居への立ち入りはありません。
その費用は1万円弱といわれ、その月の電話料金と一括請求されます。
新住居に電話線が引き込まれていない場合には、賃主の了解を得た上で工事を行います。
この際には本人、または家族の立ち会いが必要となります。

生活の要ですので、くれぐれもお忘れのないようにしてくださいね。