業者に回収してもらおうかな

処分方法

粗大ゴミになる物は各市区町村の担当窓口に申し込んで回収してもらいます。
引越しの際に出る粗大ゴミにあたるものはタンスやベッドなどです。
分解のできるものは分解しておくと一般ゴミとして出せる場合もあります。
分解しておくと量が減り、金額も抑えられる場合もありますよ。
決して道端に捨てるのだけはやめましょう。

信頼のできる業者に頼まないと不法投棄されてしまう場合があるため、その点は気を付けましょうね。
また、利用料金が明らかに高い場合は別の業者に頼みましょう。

回収できないもの

業者でも回収できないものについては以下の通り。

家電リサイクル法対象のブラウン管テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機。
これらは買い替えをするお店・商品を買ったお店に処分を依頼することができます。
また、各市区町村の担当窓口に申し込み、依頼することもできます。
その際の費用は消費者負担という形となるのでご了承ください。

資源有効利用促進法対象のパソコンがある場合にはメーカーに問い合わせてください。
灯油は購入先のガソリンスタンドや灯油販売店で処分をお願いしてもらいましょう。
各自治体では回収を行っていないのでくれぐれも間違えないようにしてください。

その他、回収困難なもの(バイク・自動車・楽器類等)は販売店・各市区町村に相談してみましょう。

ルールやモラルに従って、あいまいな処分のないようにしましょうね。
さ、これで荷物が減ったかな。