荷造りしようかな?

ワレモノ

どの家庭にも食器など割れやすいワレモノがあるはず。
新聞紙というのは割れ物を包んだりする際に非常に役に立ちます。
ガラスコップなどの包み方ですがなかに新聞紙を入れてそこからくしゃくしゃとコップを包む感じです。
コップに新聞紙2枚は使っていいんじゃないですかね。
ダンボールなどの箱にワレモノ入れていく際、
ワレモノ同士がひっつかないように間にくしゃくしゃした新聞紙を入れていってください。
あとはダンボールを一度ふたをして揺すった際にガラスがくっついてるとカンカン鳴ります。
いけませんね。もう少し間に新聞紙をつめてください。
みっちみちに動かなくなったらオッケーです。あまりぎゅうぎゅうすぎると割れてしまうので
動かない程度でやってください。
ワレモノを入れた箱には必ずワレモノと表記してください。
表記せずにワレモノと気づくほどジャラジャラ鳴ってるのも問題ですが
ジャラジャラなる場合は新聞紙敷き詰めまくってくださいね。
ちなみにガラスにガラスを重ねない。
重いものの上に軽いものを置く
これは覚えて置いてください。

ふとん

圧縮袋というものをご存知でしょうか?
ふとんは空気を含みやすく、かさばりやすいです。
圧縮袋はふとんに空気をほぼ含ませません。
ちなみにふとんにワレモノを入れるのはやめておいたほうがいいです。
割れてた場合どちらも使い物にならないですからね。
あと業者さんに運ばせた場合も布団は丁寧に扱わないです。
割れないですし落としても凹まないですし。
くれぐれもふとんがふっとんだなんてことにならないように。
もうふはもうふっとんだとかさむいですからね。

スプーン・フォーク・箸

輪ゴムとかでまず束ねて縛ってビニール袋に入れます。
完成ですね。

包丁

そのまま入れてたら引越しで取り出す際に手を切る恐れがあります。
しっかりと厚手の紙(ダンボール)等で挟み込み、しっかりガムテープなどで梱包してください。
包丁だとわかるように持ち手の部分だけは見えるようにしておいたほうが良いです。
足で取り出せば手は切らない。とか
ひねくれた考えが思いついた方はそんな事はせず普通に従ってくださいね。