お風呂・トイレ

汚いからと避けていては引越しできません。
水垢や飛び散りが多い場所。次に住む人の衛生面を考えて掃除しておきましょう。

お風呂の場合

浴槽は洗剤をつけて5分ほど置いて、スポンジでこすっていきます。
タイルは、重曹のペーストを塗りこんで磨くようにしましょう。
汚れがひどい際には、洗剤を流した上で乾かし、カビ取り用洗剤を使ってください。
壁や天井においては、薄めた漂白剤で拭き、アルコール消毒しておきましょうね。

水道の蛇口の水垢にはクエン酸を使いましょう。
クエン酸はドラッグストアなどに売っていると思います。
無ければお酢でも大丈夫。
クエン酸に少量の熱めのお湯を加えてシャーベット状にします。
それをペーパータオルやトイレットペーパーの浸して貼り付けておきましょう。
時間が経っているものに関してはヘラや耐水ペーパーで拭き取るようにこすりましょう。

鏡の曇りは歯磨き粉をペーパーに取り、塗りつけると良いでしょう。
強くこすり過ぎないようにし、それを流した上で乾拭きしておきましょう。
普段から熱いお湯をお風呂の部屋の中に流しておくときれいな状態になりますよ。

トイレの場合

まずはカバーやマットは完全に外してしまいましょう。
その上でクエン酸のスプレーやトイレ用洗剤をまんべんなく吹きかけ丁寧に掃除しましょう。
便座の裏や端、カバーによって隠れていた部分は特に重点的に。

タンクも意外と汚れています。
水に濡らした布にトイレ用洗剤を付けて、給水金具も忘れずに拭いておきましょう。

床や壁にも目に見えていないだけで汚れがたくさん。
雑巾に洗剤を少しつけて、傷のつかない程度に拭き取りましょう。

洗面台に関しては収納にあるものをまずはどかしておきましょう。
洗面器は、
歯ブラシで汚れを落とし、マイクロファイバー素材の布で拭き取るのが良いでしょう。
収納は固めに絞った雑巾で水拭きしましょう。
この際、湿気がこもらないように半乾きの雑巾であることが必要です。
扉部分の汚れを拭いて、これで完了です。