台所・キッチン

契約書に「掃除してから引越ししなさい。」とはありませんが、最低限の礼儀としてやっておきましょう。
ただ、退出後に専門の業者が入る事になるので、無理に全部落としきらなくても大丈夫です。

道具がないからと嘆かなくても身近にあるものを利用して作業することができます。

もしかしたらないかもと思うので…
「重曹」
これだけは常備しておいてください。
持っていて損になる事はありませんよ。

掃除しておくことは、大家さんや不動産業者さんへの印象効果にもつながります。敷金に影響も?

ガスレンジ・コンロ

まずはパーツを外してしまいましょう。
普段取り外さないからこその汚れがあるはずです。

黒く焦げ付いた汚れ、吹きこぼれ跡は、アルカリ性洗剤をつけてぼろ布でふき取りましょう。
端の方に付着したものは割り箸や歯ブラシを使うと落ちます。
それでも難しい場合にはこそぎ落とすようにやってみてください。

重曹に水を少量加えたもの or それをゆるめにしてレンジの温めたものを使いたわしでこするのも一つの手です。
アルミホイルを丸めたもので代用しても構いませんよ。
あまりこすり過ぎると傷になるので気を付けてくださいね。
クレンザーなどはつけ置きしておくのも良いと思いますよ。

グリルの中を掃除する際には、中性洗剤をつけ置きして拭いていくのが有効です。

さらには、ビールの残りで汚れを落とすということもできます。
これはビールに含まれているアルコールや糖分が油を分解する働きを持っているからなのです。
お父さん・お母さんの飲み残しはとっておくといいかも?

換気扇

女性だけでは難しいかもしれませんが全てのパーツを外して掃除しましょう。
換気扇のカバーの取り外しが可能な場合、それも外しましょう。
その際、元通りにできるようにどれがどこにあったかだけは覚えておきましょうね。

各パーツを重曹で作った洗剤や市販の洗剤につけ置く。
または、スプレーで吹きかけ15分程度置いておきましょう。
その後、スポンジで汚れをこすり落とし、乾かしてくださいね。

油汚れが強いと思うので、お湯を使って作業すると良く落ちますよ。
いっそのこと油をつけて、対処するのも手ですよ。

シンク

アルカリ洗剤を吹きかけ拭きましょう。
汚れの落ちやすいスポンジなどを使い、落としていくといいでしょう。
最後にアルコール除菌をしておくのも忘れずに。

排水溝は、酸素系漂白剤や重曹を振りかけた上でお湯で流しておきましょう。
ヌメリはアルミホイルを割り箸に付けたもので対処してみてください。
ヌメリ対策としては、
・10円玉をストッキングに入れて排水溝にぶら下げておく。
・調理後にぬるま湯を勢いよく流す。
・片づけ終わった際にひっくり返しておく。
というものがありますね。
どれが効果的かははっきりと分かりませんが、すべて試してみるのも悪くないかも…